1950年 弊社創立者、故清水幸治郎氏は熱と食物について、多年研究を続け、ドライスチーマーの原理に関する特許を取得。
1956年 「電気釜」の考案を契機に、株式会社熱研を設立。
1959年 「電気びつ」の製品化に成功、特許取得。
1963年 業務用大型熱蔵庫の製品化に成功、特許取得。
1964年 冷蔵庫専用の隔測温度計の実用製品化に成功。
1972年 冷凍調理食品解凍庫の特許取得。
1975
〜80年
「電気びつ」を応用し、「スシシャリ用」「スープ用」等の専用タイプを製品化。総称を「エバーホット」とする。
1983年 業務用冷蔵庫専用電子温度計の製造開始。
1986年 冷凍・冷蔵庫用のソーラーデジタル温度計を開発,製品化。空調用などにも開発、製品化。
1992年 遠赤外線温蔵庫「ガーディアン」を開発、製品化。
1993
〜95年
食品用壁固定型デジタル芯温計、プリンター付デジタル芯温計などを開発製品化。
1998年 食品用ハンディ型防水デジタル芯温計を開発、製品化。
2002年 大型外食チェーン店向け保温機能付き大型スチーマー開発、販売開始。
2004年 デジタル温調機能付きスープジャー『エバーホットNMW-088(8gタイプ)を開発販売開始。環境に優しいハイブリットタイプのソーラー&リチウムデジタル温度計『SN-1100シリーズ』を開発、販売開始。
2006年 デジタル温調機能付きスープジャー『エバーホットNMW-168(16gタイプ)』を開発、販売開始。

埋め込み(リチウム電池)タイプ『小型デジタル温度計』を開発、販売開始。

防水型デジタル温度計『セーフティサーモ』を開発、販売開始。
2008年 『熱中症予防対策温湿度計』を開発、販売開始

中心温度計『クイックチェック芯温計』を開発、販売開始。
2009年 1月5日 計器営業部大阪オフィス開設。
2010年 ワイドレンジ型ソーラー温度計開発、発売開始
8月9日 本社事務所を 東京都中央区銀座6-13-7 より元浅草へ移転。
2012年  大阪オフィスを大阪営業所へ統合
2014年  中心温度計『白金デジタル温度計 SN-3400プラチナサーモ』を開発、販売開始。
2016年   電気蒸し器『オートスチーマーAS-450E』を開発、販売開始。
名  称   株式会社 熱研
設  立   1956年 11月 1日
代 表 者   代表取締役  清水 悟史
資 本 金   1,000万円
事業内容   厨房機器及び各種温度計の製造・販売
所 在 地 本  社 〒111-0041  東京都台東区元浅草3−19−9  
TEL. 03-3845-1511 / FAX. 03-3845-1550
大阪営業所 〒552-0016  大阪市港区三先2−13−30
TEL. 06-6573-3658 / FAX. 06-6573-5213
八潮センター 〒340-0811  埼玉県八潮市二丁目1045−5
TEL. 048-996-7000 / FAX. 048-996-8494
第1営業部
大阪オフィス

(計測機器
※2012年7月20日をもって閉鎖、大阪営業所に統合しました
 今後は大阪営業所第1営業部にて、対応させて頂きます
   (閉鎖 大阪府大阪市中央区本町1−6−18 丸武本町ビル4F)